ますほいブログ

マスオさんになった男のお話

バイク№9

こんにちは

 

 

 

しつこいくらいYAMAHA車です。

 

 

 

マジェスティ 4HC、  SG03J

 

 

 

と乗り継いでいましたので次は

 

 

 

 SG20Jにしようと思いました。

 

 

 

これ↓ 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180220094143p:plain

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に買ったのはこちら↓

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180220095137p:plain

 

 

SG15J 

 

マジェスティにはマジェスティなんですが、

 

 

 

 

グランドマジェスティです。

 

 

 

正直イメージとしては、

 

 

売れなかった

 

 

印象が強いです。

 

 

 

実際に乗ってみるとかなりがっちりしていて、高速走行も安定しています。

 

その代わり、前の2台に比べるとかなり重く感じます。

(たしか車重200kgくらい)

 

燃費も 平均25km/L 前後です

(個人差あり)

 

 

 

 

とにかくスクーターは楽ですね

 

 

若いころはアンチでしたが、おじさんになったら

 

 

手放せなくなりました。

 

T−MAXにも乗りたいです。

 

 

 

 

 

しかし、どうしても維持費のかからない250ccになってしまいます。

 

 

 

 

子供が成人したら また大型乗れるとイイなぁ〜

 

 

 

 

隼やZZRに乗ってみたい!

本日のバイクです。№8

今回のバイクも1度は乗ってみたかった。

 

 

 

 

 

 

 

と言うことで買ってしまった、SSです。スーバースポーツ

 

 

 

    

 

 

 

ヤマハ党なのに

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180214175433j:plain

 

 

 

CBR929     FIREBLADE

 

 

 

この後ろからの角度がカッコイイ!!

 

 

 

 

 

ほんとはYAMAHAのR1に乗りたくて中古屋さんで探してました。

(R1はSSブームの火付け役ですよね〜)

 

 

 

 

そこで初代 R1と、このファイアーブレードが見つかりました。

 

 

 

 

R1を買うつもりでしたが しかし、ここで悪魔のささやきにあいます。

  

 

 

 

バイク屋「CBRこの型からFIだよ」

 

 

 

 

 

自分「インジェクション乗ってみたい・・・・」

 

 

 

 

 

 

こうして、4年近くSS乗りになるわけです。

 

 

 

 

 

でも結局 最後まで乗ってるというよりも、乗せられてるって感じでした。

 

 

足もつま先しか、つかない(泣)

 

 

 

 

 

 

やはりネイキッドとかに比べるとメンテナンスがしにくいです。

 

 

cbr250rハリケーンなんかもそうでしたが、プラグ交換したくてもふつうのプラグレンチはとどきませんでした。

 

 

 

 

大型になるとパーツもそれなりの値段するし。

 

 

 

 

 

 

250ccあたりでブンブン走るのが自分にはあっているのかも(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

バイクシリーズ№7

乗り換えてきたバイクたちも終盤になってきました。

 

 

 

V-MAXの前に乗っていたのですが

 

 

こちらです。

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180211211312p:plain

 

 

 

ドラッグスター400クラッシク

 

 

 

 

やはり、1度はアメリカンに乗ってみたくて乗ってみました。

 

 

 

ハンドルをTバーにかえて、

 

これ↓

f:id:hoso-11-bishamonten:20180211212739p:plain

 

 

シーシーバーをつけて

 

 

 

 

 

サイドバック(合成皮革)も買い、

 

 

 

 

 

乗り出してすぐカスタムに10万以上かけました。

 

 

  

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

 

半年で売ってしまいました。

 

 

 

 

その理由なんですが、

 

  • 小回りがきかない
  • コーナーで少し倒すとすぐにステップがあたる
  • 高速に乗ると風を全身に受けるので思いのほか疲れる
  • ハーレーに横付けされたとき悲しくなってしまった。ツーリング行くとハーレー乗りがわざと横にきて、ど迫力のエンジン音を うならせて走り去って行く(思い込みの被害妄想)

 

 

とにかくコーナーで倒せないのがストレスでしたね。

燃費はリッター20km以上走った気がします。

 

 

 

 

 

ちなみに日本車のアメリカンは昔はこんな感じでした。

f:id:hoso-11-bishamonten:20180211214547p:plain

元々あるバイクのハンドルとシートを替えてアメリカンとして売っていました。(厳密にいえばもうちょっと他のパーツも替えてるかも。)

このバイクはXS650の和製アメリカン

 

 

他のメーカーもそれぞれ出しているので興味があったら調べてみてください。

 

 

 

 

 

歴代バイク№6

ようやくYAMAHAではございません。

 

 

 

 

こちら

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180209023511p:plain

 

 

1988年式 CBR250R (MC19)

 

 

です。

 

 

 

80年代初頭 消えかけていた2サイクルエンジン。

それをもう一度、復活させたのがRZでした。

まだ、レプリカというジャンルはありませんでした。

そこから各社250cc 2ストマシンの開発合戦が始まります。とにかく2ストエンジンは部品点数が少なくて軽い。そのうえ強烈な加速をえられます。

(欠点は排気ガスが多い)

ハンドルをセパレートにして(言わゆるセパハン)フルカウルを装備。

ほぼ毎年 マイナーチェンジかモデルチェンジ、

SUZUKI RG250ガンマ

kawasaki KR250(これだけ生でみたことない)

YAMAHA TZR250

HONDA NSR250

 

 

おそらく今の時代に乗っても全然速いと思います。

 

 

 

     

 

そこで打倒 2ストで開発されたのが250ccで4ストの4気筒でした。

4気筒にすることで超高回転仕様になったのです。

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180209031427p:plain


画像を見てもらえばわかりますが、レッドゾーンが18000から😵

 

 

この前後のMC17 MC22に比べると評価が低いですが、乗っていた感想を言いますと充分 完成されてると思いました。

 

またがると、背が165cmの自分でも両足かかとまでベタづき。

体勢もそんなにきつくないです。

 

スピード160キロ(出してはいけません)でてもハンドルがぶれない、車体も歪んでる感じがしない。

 

 

 

ただフロントブレーキがシングルなので効きが悪くおもえます。

上り坂も少しキツイ。

 

 

 

眠さ限界なので終わります

 

 

 

 

 

 

本日のバイクです。№5

こんばんわ。いや、おはようございますかな....

 

 

 

 

今回のバイクは、またのまたまたYAMAHA

 

どんだけYAMAHAが好きなんだっ!

 

 

 

 

ってなわけで

 

 

 

 

じゃーん

f:id:hoso-11-bishamonten:20180207031030p:plain

 

 

2連続マジェスティ〰

 

 

 

この型はSG03J マジェスティCです。

 

 

 

 

 

 

これ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180207032747p:plain

 

 

言わゆる5連メーターと言うタイプです。

 

 

 

         

 

おそらくマジェスティのシリーズで1番売れたのではないですかね。

 

 

その分 中古のたま数は多いですが、状態が悪いのが多いそうです。

 

 

燃費は4HCと さほど変わらなかったですが、シート下が大幅に広くなってフルフェイスが2つ入ります。

 

 

お買い物に行っても楽チン

 

バイク乗っていて1番、困るのが荷物ですからね。

 

 

 

 

次回こそはYAMAHA以外に!

歴代バイク №4

またまたYAMAHAです。

 

 

 

 

このスクーターわかりますか

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180205000843p:plain

 

 

 

 

初代 マジェスティ(4HC)です。

 

 

 

 ビックスクーターブームの火付け役と言ってもいいですね。

 

 

 

[http:// ]

大柄のボディでシート下にフルフェイスが1つ入ってしまいます。

 

 

何といってもビックスクーターは収納が多いのが1番の魅力だと思います。

 

 

 

バッテリーが右のステップボード下にありメンテナンスしやすかったです。

燃費は平均30km/L位だったと思います。

 

 

 

YAMAHA車って火付け役が多い感じがします。

そこから、SUZUKIはスカイウェイブ HONDAはフォルツァが出てきたのです。

 

 

 

 

 

本日のバイクネタです。№3

今回 ご紹介するのはこちら

f:id:hoso-11-bishamonten:20180202203206p:plain

 

YAMAHA TW200

 

 

 

 

このバイク、リアタイヤが極太ということ以外は いまいちパッとしない感じでしたが、あるドラマで木〇拓哉が乗ってから知名度が跳ね上がった感じがします。

 

 

 

 

[http:// :title]

 

 

それがこんな感じ↓

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180202203619p:plain

 

 

 

今はTWと言ったら この画像のイメージのほうが強いですね。

 

 

 

スカチューンでフェンダーレス バッテリーレスにしてあるのが多かったです。

 

 

 

自分は知り合いから納屋で眠っていたのを格安で譲りうけました。

 

 

 

まさにスカチューンでシートが薄い。

 

 

 

 

そして遠出したら痔になりました。(泣)