ますほいのジャンルバラバラなお話

7年目のマスオさんが色々なことを語ります。

情熱の国3 バレンシア グラナダ

 続きです。

masuhoi.hatenablog.com

 

スペイン第三の都市と言われる

バレンシアにきました。

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180318231039j:plain

↑これはなんだ!?

f:id:hoso-11-bishamonten:20180318231157j:plain

↑これもなんだ!?

 結局、謎のまま

 

 

 

バレンシアは、海沿いの街でパエリア発祥の地と

言うことで夕食はパエリアでした。

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180224222630j:plain

 

 

せっかく来たのに泊まるだけで、観光はほぼ無し。

 

 

次の日、グラナダに向かいます。

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319094652j:plain

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180318234039j:plain

高速道路からですが、

 

ほとんど家がないです。

 

似たような景色が永遠と続きました。

 

 

 

 

こうしてきたのが

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319000613j:plain

アルハンブラ宮殿

 

この黒い帽子の人が

案内人の川崎さん

がっつりスペイン人ですが、奥さんが日本人だとか

 

 

 

まず、北側にある 

 

 

ヘネラリフェから見学します。

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319000906j:plain

  

f:id:hoso-11-bishamonten:20180320101630j:plain

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319001132j:plain

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319001940j:plain

↑向こう側に見えるのがアルハンブラ宮殿かなぁ

(憶えてない(^_^;))

 

 

歩いて向かって行ったのだと思う

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319003358j:plain

 

グラナダはスペインでも南のほうです。

元々、イスラム圏だったので建物の作りもちがいます。

 

 

ここからアルハンブラ宮殿です。

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319082648j:plain

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180320102430j:plain

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319082801j:plain

いつの時代の物かわかりませんが、大砲もありました。

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319091143j:plain

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319091302j:plain




f:id:hoso-11-bishamonten:20180319091444j:plain

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319092720j:plain

ズームアップできたら、してみてください。

この宮殿 模様がものすごい細いです。(画像が粗いか)

f:id:hoso-11-bishamonten:20180320101901j:plain

日本人はみな一斉に写真とりますね

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319092840j:plain

 

この他の写真にもオーブのような物か何枚か写ってました。

(化学的に、塵やホコリらしいですが)

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319093121j:plain

日本で、言ったら逆さ富士ですね。

アルハンブラ宮殿、この絵がよく紹介されてます。

アラヤネスのパティオ

(パティオは中庭の意味らしい)

 

 

これはライオンの中庭

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319093410j:plain

↓これは天井

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319093949j:plain

↓こちらは宮殿から見た街並みかなぁ(憶えてない)

f:id:hoso-11-bishamonten:20180319094121j:plain

 

王が住んでいただけあって、圧巻の豪華さでした。

 

その昔

イベリア半島、最後のイスラム文化だった所で

最終的にはヨーロッパに取り込まれてしまう

と、そんな悲しい時代背景があるようです。

 

 

 

 

まだ続きます。