ますほいのジャンルバラバラなお話

お出掛け情報や生き物の話など、浅くて広いブログです

バイクの素朴な疑問

今まで乗ってきたバイクですが、

 

 

 

大型 中型に限らず

ハザードのスイッチがついていたりいなかったり、

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180415042454j:plain

ほとんどのバイクはハンドル、右側にスイッチがあります。

△のマークがハザード

 

↓こちらは、ハザードないです。

f:id:hoso-11-bishamonten:20180415042435j:plain

 

 

そこで調べてみました。

 

 

 

ハザードランプは装着する必要性がある?

バイクの場合、ハザードランプの装着義務はありません。これは装着義務がある四輪車とは大きく異なる点です。そのため、ハザードランプはバイクによって備わっているかどうかが異なります。たとえば、排気量が小さいバイクだとハザードランプが付いていないことがあります。

一方、大型のバイクになるとハザードランプが備わっているバイクが増えてきます。これは大型のバイクは高速道路等を使用することも多いと想定され、必然的にハザードランプの所要も増すためです。ハザードランプがあるとより安全に高速道路走行が出来るようになりますし、色々と便利ですから、付けておくのも良いかもしれません。

 

 

(引用元 GooBike)

 

 

なるほど、そもそも装着義務がないのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にヘッドライトですが

 

 

今のバイクは昼も夜も点灯なのがほとんどですね。

 

 こちらも1998年以降のバイクは

消灯はできない仕様になっているらしいです。

 

またまたGooBikeさんから引用です、

 

ヘッドライトの昼間点灯義務がないバイクもある

道路運送車両法が改正されたのが、平成10年4月1日です。これ以降に製造されたバイクに対しては、常時点灯の機構搭載が義務付けられています。それ以前に製造された二輪車には、この法律が適用されません。そのため、昼間点灯の義務もないのです。

とはいえ、経年経過とともに、改正前のバイクの走行も少なくなりました。昼間点灯の義務がないバイクと主張することは出来ますが、今ではバイクの昼間点灯・常時点灯が一般化しています。法改正前に製造されたバイクに乗っていても、事故防止に効果が大きいため、昼間でも運転時にはロービーム点灯を行うべきです。

 

 

だそうです。

 

 

 

先ほどの画像ですが、

1981年のバイクなので

f:id:hoso-11-bishamonten:20180415043251j:plain

 ハザードのスイッチ部分が

 

OFF⇒ポジションランプ⇒ヘッドライト

 

と 言う感じで、

ヘッドライトのスイッチになっています。

 

 

 

 

 

あと、もう1つ

 

 

 

 

 

 

エンジンの始動方法も

2種類ありますね。

 

1つは車と同じように、セル

 

もう1つがキックです。

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180415044846j:plain

 

 その名の通り

足で下に向かって蹴ります。

 

 

すぐにエンジンかかればいいですが、

かからない場合

 

右足だけが、鍛えられます(泣)

 

 

バイクによっては非常に重いのもあらますからね。

 

 

昔のハーレーとか。

 

 

失敗してスネを怪我をする話もたまに聞きます。

  

ただ、最大のメリットは、バッテリーが上がってても

エンジンが、かけれます。

これは、結構大きいです。

 

 

最近も

ビックスクーターのバッテリー上がったけど、どうすればいい?」

って聞かれました。

 

 

車から、ケーブル繋ぐ方法は

できれば、やめたほうがよいです。

ボルト数が違ったり、車のほうが大きすぎて

最悪 火が出るらしいです。

 

 

MT車なら押しがけのほうが無難ですかね

 

 

 

 

 

 

今回は以上です。 

 

 

これからライダーになられる方、

バイク選びの参考にしてみてください。 

 

 

[http:// :title]