ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

昔は普通に見れたもの2

こんにちは。

 

 

 

 

 

今回は、車をに乗っていて

 

ふと思い出したことを

 

書きます。

 

 

 

 

 

車の、免許を取ったのが約20年前

 

初めて買った車はワゴン

ステーションワゴン

 

 

 

 

まず、買った車の

グレードが低かったようで

 

すでにその頃

無くなりつつある

 

これでした↓

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180606195152p:plain

 (イメージ画)

 

人力ウインドウ

 

 

 

 

その名の通りスイッチではなく、

手で回して窓ガラスを開閉します。

 

 

 

 

当時まだタバコを吸っていたので

換気をする際、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180607152138p:plain

このように、手を伸ばして助手席や

後ろの席の窓ガラスを開けていました。

 

 

しかし、

一見不便に感じますが

メリットもあります。

 

 

 

 

 

1つ目に

 

 

 

 

ドアが軽い

 

 

 

 

クラウンなんかに乗ったあとだと

ドアが余計に軽くて薄く感じれます。

 

 

 

 

 

 

「いつかはクラウン」

 

とキャッチフレーズがあったくらいなので

さすがにがっちりした 作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウンが。

 

 

 

 

 

 

さてメリットの

2つ目ですが、

 

 

 

 

水没しても窓ガラスが開けれる、

 

 

 

 

これは素晴らしい。

 

 

 

 

ただし、

水没する機会はございませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ続きます

さらにこちら

f:id:hoso-11-bishamonten:20180607153523p:plain

Wikipediaより)

 

 

人力ステアリング

 

 

 

通称

「重ステ」

 

 

 

今ではパワステ装備が当たり前ですが、

昔は付いてない車もあったんです。

 

 

 

 

 

片手でカッコよくハンドルさばいてバックとか

 

 

 

 

この重ステではとても無理

 

特にスピードが出てないときなんか

両手で力入れないと曲がれません。

 

 

 

体を鍛えたいなら

ぜひオススメします。

 

 

 

 

ではまた。