ますほいのジャンルバラバラなお話

お出掛け情報や生き物の話など、浅くて広いブログです

家族の宗教について3 話は急展開

今週もお疲れ様です。

 

 

 

前回 2の記事で、

エホバの証人は「楽園へ行ける」と

信じていると話しました。

そして楽園では不自由することなく

永遠に生き続けれるのです。

 

 

 

 

こう聞かされたとき

 

ますほい「死なないのであれば、人口が増え続けるのですか?」

と聞いたことがあります。

 

 

その答えがとても曖昧でした。

 

 

証人A「増えても問題ない?」

証人A「エホバが増えすぎないように調整する?」

どのように答えたか覚えてないくらい曖昧です。

 

 

 

 

こんなことも聞いたことあります

 

ますほい「エホバはどこにいる?」

 

 

この答えもとても曖昧でした。

 

 

証人A「それぞれの心の中?」

証人A「ご自分で想像してください」

 

みたいな答え方されました。

 

 

 

 

 

わたしはこう思いました

 

 

 

 

 

 

はっきり言って自分達もよくわかってないじゃん

 

 

 

 

なにかとてもボンヤリしたものを熱烈に信仰してる。

 

 

 

 

 

 

と、ここまではおとぎ話の

ような話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、皆さん↓この記事を思い出してください。

masuhoi.hatenablog.com

 

読んでない方はぜひご購読お願いします。

 

 

 

 

 

 

この記事の中で 

 

 

脳の記憶をクラウド上にアップデート

 

 

と言う話をしました。

 

 

 

そう本当に近い将来この事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一つ

 

 

VR バーチャルリアリティ

 

 

この技術によって作られた

 

仮想現実の世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを組み合わせる事で

現在の肉体を捨てて 

 

 

 

永遠の命 望んだ外見 望んだ物

 

 

 

これらが

 

VRの中で手に入るのです。

 

 

 

 

 

 

つまりエホバの証人が信じている

 

楽園

 

と一緒ではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは凄い

 

 

 

 

 

 

 

さっそく嫁に教えてあげよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

ますほい

「記憶をネットに繋げれればVRの世界で永遠に生きれるようになるかも。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 嫁「へー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反応が薄っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで

 

 

 

今まで考えなかったのですが、

家族の自分以外、エホバの証人だとしたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が死んだ場合

 

 

 

 

 

 

葬式やってくれない

 

 

 

 

 

 

結構深刻な問題かも

 

 

 

心の中で

「子供にはエホバの証人やってほしくない」

と真剣に思った。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村