ますほいのジャンルバラバラなお話

お出掛け情報や生き物の話など、浅くて広いブログです

虫の話(嫌いな人は回覧注意)

こんにちは

 

 

 

突然ですが、

 

 

 

整体師さんなのに整体の話がたまーにしか出てこない(笑)

そんな、ogikubojinさんのブログにて

虫話がでてきます。

ogikubojin.hatenablo

 

 

この方のブログも虫話が出てきます

Sinomu Natuno (id:aryo643)さんのブログ

natuno-wunderkammer.hatenablog.jp

虫の話以外も面白い

 

 

 

お二人の記事を読んでるとワクワクしてきますよ。

 

 

 

読んでるうちに自分が少年の時の心を思い出してきた

 

わたくしも虫好きの

はしくれとして少しだけ虫ネタを。

 

 

 

 

 

 

今回は身近にいるが

とても苦手な虫を載せていきます

 

 

 

 

 

 

 

ではさっそく

 

 

1、マイマイカブリ

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180722204402p:plain

Wikipediaより)

 

虫を探していた少年時代

この、虫よく見つけました。

 

 

 

ズバリ

 

肉食ですね

 

 

 

 

動物の死体を食べるシデムシと言うのもいますが、

 

 

 

 

 

マイマイカブリが好きなのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タツムリ(マイマイ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180722204639p:plain

 

マイマイにカブリつく

 

これが名前の由来だとか

 

 

 

すでにこのお尻がでかい形が

好きではないのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

 

 

 

 

 

幼虫時代がこれ↓

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180722205053p:plain

 

 こんなの見つけたらトラウマ

 

この頃からカタツムリを食べるようだ

 

 

 

 

 

 

 

 

2、アシダカグモ

 

 

 

特に夏のこの時期

家の中でよく見ませんか?

大型でかなりの迫力。

 

 

蜘蛛が全般苦手なのでこれを

見かけると鳥肌が立ちます

f:id:hoso-11-bishamonten:20180722210500p:plain


アシダカと言うよりアシナガ

 

 

蜘蛛なのに 巣をはらずに

歩いて獲物を捕まえます。

 

 

この蜘蛛の獲物は何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴキブリです

 

 

 

 

 

 

 

ビジュアルとは裏腹に

実は、人間の頼もしい味方

ゴキブリハンター!

 

 

 

見つけても殺さないでね

 

 


アシダカグモ、ゴキブリ捕獲の瞬間

 

 

 

 

3、カマドウマ

 

 

 

バッタ類は全然平気なのに

色が違うだけで鳥肌が立ってしまう

 

 

 

 手足触角も無駄に長い

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180722212117p:plain

 

こちらは湿気の多い軒下などで

遭遇する確率が高いです

 

 

名前の由来が

 

 

 

カマドの近くにいてウマのように跳ねる

ため

竈馬(カマドウマ)

 

子供の頃、木造平屋のアパートに住んでいた

その時によく勝手口で遭遇した(汗)

 

 

せめて色を緑にシテクレ

 

 

 

いかがでしたか?

 

今回は家の中にいたり身近に見る虫でしたが、

気持ち悪い虫なんてまだまだいます。

 

カマドウマと蜘蛛は

子供の頃から大人になっても触れません(汗)

 

 

 

話は変わりますが

夕方、公園で

f:id:hoso-11-bishamonten:20180723193048j:plain

カナブンが群がっている木を発見しました。

樹液はそんなに垂れてないですが、

ここも夜行けばカブトムシorクワガタいるかも

 

 

今日はそんなに元気ないので、行きませんけどね

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、

f:id:hoso-11-bishamonten:20180723200247j:plain

ザリガニ捕まえたり

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180723200336j:plain

亀を捕まえたり、

 

 

子供以上に

はしゃいでしまっている

今日この頃