ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

動物の話 発見されのは近代

こんにちは

 

 

今では当たり前の動物達

しかし、調べてみると発見されたのが

「意外と最近」な物たちを紹介しましょう

 

 

 

 

ジャイアントパンダ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180901215643p:plain

現在パンダといえばジャイアントパンを連想します

 

しかし、発見されたのは1869年と

150年ほどしかたっていません

 

それまでは、パンダと言えば

レッサーパンダを指したようです

 

 

パンダは

 

笹を掴みやすいように指が6本あります

f:id:hoso-11-bishamonten:20180904174939p:plain

 骨を見ると7本!

 

 

このパンダ、普段は笹を食べてますが

実は草食に適していない

 

たしかに、体の色が1色ならばただの熊ですからね

なので、肉を食べても消化できるらしい

 

実際、家畜を襲った例もあるとか

 

白黒なだけで人気者

 

もし、ゴキブリなんかも白黒だったら

同じ様に人気者になるのか!?

 

 

シーラカンス

f:id:hoso-11-bishamonten:20180901220922p:plain

生きた化石と言われる

シーラカンス

絶滅していたと思われていたが

1938年に南アフリカで発見された

 

何種類かいるようだ

(化石だけで120種!?)

 

特徴としては、ヒレが10個もあるそうです

 

 

深海はまだまだ新種がいるでしょう

 

 

ゴリラ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180901221852p:plain

現在は動物園でも普通に見れる

 

名古屋の東山動植物園でもイケメンゴリラが大人気

 f:id:hoso-11-bishamonten:20180901223922p:plain

 シャバーニ

 

 

 

静岡の浜松動物園

f:id:hoso-11-bishamonten:20180901230651j:plain

ショウ

 

両目のまぶたにコブがあり視界が見えにくそう

f:id:hoso-11-bishamonten:20180904174314p:plain

 

 

 握力は推定500Kg

 

 そんなゴリラですが、1847年に発見されるまで

「そんな類人猿いるわけない!」

 と思われていたようです

 

 

ステラーカイギュウ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180901232120p:plain

巨大海牛

 

大きさはなんとジュゴンマナティの倍!

 

 

全身骨格と、うちの子

f:id:hoso-11-bishamonten:20180901233718j:plain


1741年に発見 

そこから、人間の乱殺がはじまります「資源にする為」でしたが

デカすぎて運べないため殺して海上へ放置岸まで流される待ち

(流されてくる確率20%)

 

このようなフザケた殺戮を繰り返した結果

発見からわずか、27年後の1768年を最後に姿を消してしまいます 

 

 

最後に

 

 

ステラーカイギュウは少し古いですが

 

二十世紀入ってから発見の生き物はまだまだいます

 

第2回に続く

(ググればでてきますけどね)

 

人間が絶滅に追いやった

生き物はいったい何種類いるのでょうか?

 

 

 

ある番組でお偉い先生が

 

「人間がいなければ、全ての物に名前がない

その生き物について知る事もできない」

 

と言っていた

 

 しかし人間以外の生き物からしたら名前なんて

どうでもいいでしょう

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村