ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

虫の話(わたしの両親はダレ?編)

こんにちは

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181128220917p:plain

 

 

今回も苦手な方は辞めた方がよいデス

 

今までのを見れた方は余裕で大丈夫デス

 

 

 

虫たちのベビーが出てきますので誰の子かお考えください

 

 

 

まずは、この子から…

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181128212723p:plain

綺麗な緑色が可愛らしい

キャベツを食い荒らす害虫でもあります

 

 

 

 

 

僕のパパ・ママだあれ?

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

 

 

モンシロチョウ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181128215202p:plain

モンシロチョウの仲間は世界中に分布しています

日本では3〜10月の長い間見る事ができる蝶になります

 

野菜でアオムシを見つけたら、心を広く持って育ててみては?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちら

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129151835p:plain

先程と違って柄アリで大きい、何だかカッコよく見えます

歩く姿も、気持ち悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしのパパ・ママだあれ?

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

アゲハチョウ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129152417p:plain

 蝶の中でも最大種

アゲハチョウの仲間も世界中に分布しています

 蝶の王様と言っても過言ではありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129154054j:plain

色的には他のベビー達と同じ

しかし、明らかに危なそうなトゲトゲがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のパパ・ママだあれ?

 

 

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

 

 

イラガ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129154320p:plain

イラガの幼虫は柿の木でよく遭遇しますね

子供の頃、刺された記憶があります

大人になったイラガには口吻がありません

つまり何も食べないのです(ダイエット?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてこちら

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129155524p:plain

通称 ミノムシです

最近、ほとんど見なくなりました

 

枝から糸でぶら下がってるのを引っ張って遊んだ闇歴史

 

 

 

 

 

 

 

 

おらの父ちゃん母ちゃん誰だ??

 

 

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

オオミノガ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129155813p:plain

こちらも口吻が退化 

 

 

そして、なんと雌はイモムシのまま生涯を過ごすという事実

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129181142j:plain

実際には幼虫から羽化している

その姿がこれ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちら

 

 

 

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129160315p:plain

コイツはイケイケだ

触れてはならねぇ

 

 

 

 

 

 

 

こんな子、親の顔が見てみたい

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

マイマイガ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129160654p:plain

マイマイガはメスもこの形になるようです

こちらも口吻はない

交尾の為だけの人生… いや

 

虫生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちら

 

 

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129174709p:plain

これもまたグレてる感が満載

世紀末って感じですね

生涯触りたくない

 

 

 

 

 

 

 

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

 

 

ドクガ

f:id:hoso-11-bishamonten:20181129181742p:plain

こちら、子供の時の毒が大人になっても抜けきれてないようです

尾毛は触らないほうが賢明

 

毒があるからドクガ何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

まとめ

蛾より蝶の方が好かれる傾向にありますが、

種類の数で言うと蝶の20倍も蛾が多いそうです

 

日本国内だけでも4000種以上

一生かかっても語りきれませんね

 

蝶も蛾も幼虫は害虫扱いですが

地球を牛耳っている人間こそが害虫ではなかろうか?

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蛾蝶記 [ 海野和男 ]
価格:3564円(税込、送料無料) (2018/11/29時点)

楽天で購入