ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 長野県 野沢温泉村 スキー場

f:id:hoso-11-bishamonten:20190122190421p:plain

季節は冬なので今回もスキー場情報です

 

巨大や日本一と言う言葉に弱い

 

野沢温泉スキー場もその内の1つだと思う

 

蔵王温泉は温泉街に宿泊しなかった
masuhoi.hatenablog.com

野沢温泉は温泉街で一泊したので、その時の話

 

 

野沢温泉

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203000149p:plain

(イメージ画)

長野県でも北部の下高井郡野沢温泉村にある

 

最大の特徴は無料の外湯が13あって時間内であればいつでも誰でも入れる

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203001245p:plain

実際には賽銭箱に気持ち銭を入れるようだ

2ヶ所ほどしか入れなかったが、とにかくお湯が熱い

簡単なロッカーが置いてあるだけなので、潔癖症の方には無理かもしれない

(入口開けてすぐロッカー、そしてそのまま全裸)

 

もう一つは温泉を利用して温泉玉子を作ることができる

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203001918p:plain

野沢温泉観光協会HPより)

 

売店でネット入の玉子が売られているのでそちらを購入して自分で入れておくのだ

時間を見計らって取りに行く

何か目印をしておかないとわからなくなる

 

 

野沢温泉スキー場

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203002438p:plain

日本のスキー場でも5本の指に入る広さ

温泉街から歩いて行けますがブーツを履いて板を持っての登り坂はツライ

途中から動く歩道があります

 

 

天気は快晴

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203005926p:plain

暑いくらいでした

 

地味に名物「雪に埋まっている青看板」

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203005544j:plain

立入禁止ロープが張ってはあるが電線にも届いてしまいそうだ

 

 

山頂からの景色

f:id:hoso-11-bishamonten:20190203005602j:plain

奥に見えるのは日本海だろう

 

 

君は太平洋をみたか 僕は日本海をみたい

中部横断自動車道、早期実現のフレーズ

野沢温泉にはまったく関係ない

 

 

このように大きなゲレンデへ来ても全コースは滑れない

一泊では勿体ない気もする

 

標高は山頂でも1600メートル程度

御嶽山、白樺周辺に比べると若干、気温は高い気がする

  

 

最後に 

野沢菜発祥の野沢温泉村

日本で唯一、村名に「温泉」がつく村でもあります

野沢菜の漬物って緑茶飲みながら食べると長生きできるらしいですよ


 

温泉街の旅館に宿泊したのですが、滑走の疲れによりお酒の酔いが早く回り、夜の食事の記憶が一切ございません

旅館の思い出が部屋に入ったとき、お茶菓子で「雷鳥の里」が置いてあった思い出しかない

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[5000円以上で送料無料] 信州土産 | 欧風焼菓子 雷鳥の里【105747】
価格:928円(税込、送料別) (2019/2/3時点)

楽天で購入

 

 

旅館が悪いわけではなく、アルコールが悪いのです

 

スキーもいいですが、昔ながらの温泉街にゆっくり温泉だけ浸かりに行くのも良いかもしれませんね

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村