ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

3歳の子供 咳が治らない

こんにちは

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります

特に子供や年配の方は気を付けていても崩しがちになってしまいます

ちなみにわたしは、年中謎のアレルギーでクシャミと鼻水と、目が痛痒い

 

小さいお子さんは入園や入学、進級などが一段落し、慣れない環境での生活により

疲れが溜まって体調を崩しやすくなるのもこの時期ではないでしょうか

 

息子もそのうちの一人です

 

ここ最近、息子は常にわたしの上に登ってきます

 

 

登る?

 

 

どういう事?

 

 

 

こういう事です

f:id:hoso-11-bishamonten:20190510214459j:plain

 (画はイメージ)

 

 

 

或いは

 

 

 

こういう事

f:id:hoso-11-bishamonten:20190510214709p:plain

(画はイメージ)

 

 

家では12キロのコブが体に付いているようなもんです

 

 

しかし、良い事もあります

特に何もせず筋トレになったり

猪木VSアンドレジャイアントを再現出来たり

f:id:hoso-11-bishamonten:20190510220315p:plain

だから何なのでしようか?

 

 

いや、

 

 

そんな事はどうでもいいのです

 

問題は咳が止まらない事

1カ月以上続いている

 

4月末に風邪をひいた

今年の4月から保育園で年少に進級しました

やはり担任の先生やクラスメートが若干変わって

気を使い疲れたと思います

2週間過ぎたくらいで風邪をひきました

風邪と言っても症状は軽く、鼻水と咳くらいでした

内科(小児科)へ行って薬を貰い飲み切りました

咳だけ治らなかったので耳鼻科にも行きました

「軽い喘息かもしれない」

「気温差とかも関係あるかもしれない」

と言われました 

 

旅行へ行ってしまった

薬を飲みすぐに鼻水も止まり、熱も出ませんでした

元気はあったので「もう大丈夫だろう」と勝手に解釈してしまい

GWに予定していた旅行へ行ってしまいました

 

 

咳が酷過ぎで寝付けない

旅行中、咳は出ませんでした

帰ってきてから数日後

起きている時はそんなに酷くなかったのですが

布団で横になると咳が止まらない

その結果、中々眠れなくなりました

 

咳が酷過ぎて嘔吐

さらに、食事中に咳が止まらなくなりそのまま嘔吐してしまう

熱もなく、吐く前と吐いた後も元気はあり、すぐに遊びだします

最初は「たまたま吐いてしまったのだろう」と思っていました

しかし、その後も食事中に咳き込んで嘔吐が続いたため

小児科専門医へ連れて行く事にしました

 

 

診断結果

小児科で待つ事90分、先生に症状を伝えてレントゲンを撮る事になった 

レントゲン撮り終わったあと息子は何故かニヤニヤしていたのがひっかかった

 

 

レントゲン写真をみながら先生が説明をする

先生

「肺はキレイですね」「しかし、気管支が少しモヤがかっています」

「おそらく、風邪が完治せず菌が気管支に残ってしまっています」

「これを・・・」

   

 

息子

「パパー!ジョージと一緒だね!!」

 

 

 先生「・・気管支炎と言います」

 

 

病名がきこえねぇ 

 

 

先生「喘息に近い状態なので、治療を・・・」

 

 

息子

「ジョージもレントケンとってたね!!」

 

 

説明もきこえねぇ

 

 

先生「1週間後にまた来てください」

 

 

ありがとうございました

 

 

どういう事なのか

こう言う事です

 

うちの息子がリスペクトする相手、それは

おさるのジョージ

 

 ジョージにこんなお話があります


 

作中でジョージはお腹を壊し

f:id:hoso-11-bishamonten:20190511101345j:plain

レントゲンをとります

その後、先生と写真を見る

f:id:hoso-11-bishamonten:20190511101442j:plain

ニヤニヤしていた理由がわかりました

黄色い帽子のオジサンと同じ様にレントゲン用の前掛けもつけました

まさにこのシーンがリンクしてしまったのでしょう

 

それはそれで置いといて


 

最後に

子供は大人ほど体力も免疫も強くありません

元気そうに見えても無理をさせず休ませる時は休ませる

このまま喘息になってしまったら完全に親の責任でした

さらに病院を変える事も大事だとわかりました

もしお子さんに同じ様な症状が見られる場合少しでも参考なればと思います

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村