ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け スペイン4 コルドバ コンスエグラ

こんにちは

旅する、まっさんです

平たい民族のスペイン旅行記になります

       

バルセロナで始まり

masuhoi.hatenablog.com

グラナダで宮殿を探索

masuhoi.hatenablog.com

セビリアで本場のフラメンコを舞いました

(舞ってない)

masuhoi.hatenablog.com

 

 

セビリアより約200km、コルドバへ向かいます

コルドバ古代ローマ帝国の重要都市として発展し、中世時代はイスラム王朝の主要都市として発展した街です

つまりここにも両文化の混ざった世界遺産の建造物があるのです

そしていかもに雰囲気のある場所でバスを降ります

 

ローマ橋

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323024117j:plain

ローマ時代、1世紀頃建てられた古代橋

実は橋の手前に塔が建っています

「カラオーラの塔」と言い、ローマ橋を守る役割だったそうです

しかし、写真に収めていないと言う「平たいミス」を犯してしまう

 

右手奥に見えるのが世界遺産「メスキータ」

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322125158j:plain

 実際に橋を渡って向かいます

 

「カラオーラの塔」は撮影し忘れたが、橋の反対側の謎のポールは撮影した

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322125305j:plain

しかし、よく見ると真ん中の奥に四角い建物が見えるではないか

 

拡大

 

カラオーラの塔 

f:id:hoso-11-bishamonten:20190613100345p:plain

大きな石造りの塔

12世紀にローマ橋を守るためイスラム時代に造られた

 

 

メスキータ(聖マリア大聖堂)

f:id:hoso-11-bishamonten:20190613091302p:plain

世界遺産イスラム教のモスクとして785年に建設された

その後、1236年にカトリックが権力を握ると内部に礼拝堂などを設け

世にも珍しい2つの宗教が同居する建物となった


 

 円柱の森

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095855j:plain

2重のアーチが無数にある

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095150j:plain

ここでイスラム教徒は聖地メッカの方向へ祈りを捧げていたと思われる 

youtu.be

 

 

 

魔法でも載っていそうな書物

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095529j:plain

 

カトリックの祈り空間へと変貌を遂げていった

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095350j:plain

薄暗く写真だとわかりにくい

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095610j:plain

 

張り付けられたキリスト

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095659j:plain

 

聖母マリアのステンドガラス

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322095727j:plain

 

 オレンジの木のパティオ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323023821j:plain

最初の全体的図を見てもらうとわかるが中庭がある

礼拝者が体を清めるための中庭

大きな鐘がある

 

 このまま歩いて次の場所へと移動

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322125043j:plain

 

今もこの鐘は使われている

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323023909j:plain

その時、ちょうど鐘が鳴る

物凄い迫力だった

 

ユダヤ人街

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322100848j:plain

この地域も世界遺産となっている

 

何故、イスラムカトリックが混じわるこの地にユダヤ人街があるのかわからない

(もしかしたらガイドで説明してくれたかもしれない)

 

白い建物で車も通れない様な狭い小道が特徴

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322100945j:plain

訪れた時は冬でしたが他の時期ならば綺麗な花が咲き乱れている 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322101058j:plain

 

ユダヤ教のシンボル 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322101125j:plain

 

鍵穴の様な扉 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180322101202j:plain

何故、イスラム教とキリスト教の入り混じっていてるこの地にユダヤ教まであるのだろうか

 

この疑問はわからないまま次の場所へ

先程のローマ橋まで戻りバスに乗り込む

 

 

 

コンスエグラ  

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323024449j:plain

大型バスが徐々に狭い小道を登っていく 

 

この先にあるのが

 

「ドッドッドッ ド〜ンキィ〜 ド〜〜ンキ〜ホォ〜テェ〜〜」

 

の舞台になった村

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323025601p:plain

(画はイメージ) 

 

この村は時が止まっているのか、18〜19世紀のような景色

この様に馬車が置いてある

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323025934j:plain

 

村から高台へ登っていくと風車群がある 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323030346j:plain

 

  

ここは激安の殿堂ではない

 

ミゲル・デ・セルバンテスが著した小説「ドン・キホーテ」の舞台だ

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323030433j:plain


 

 

 

ここから村の景色

 

f:id:hoso-11-bishamonten:20180323030727j:plain

この村の人々はどんな仕事をしてどんな暮らしをしているのか

そんな疑問を感じながらホテルへ向かった

 

コルドバではイスラーム文化、カトリック文化、さらにユダヤまでスペインの複雑な歴史を垣間見れた

日本とは違い古代から国から変わったり文化が変わったりして現在に至る

 

国が変わっても当時の事を恨むような事はない

むしろ当時の建造物を貴重な産物として丁重に保存している

 

 

次回はいよいよスペイン最終日

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへほんブログ村