ブログ名、捨てました

自分でも何を書きたいのかよく分からない、ジャンルが定まらないのでブログ名は捨てました

お出掛け 島根県 宍道湖 奥出雲

こんにちは

旅するまっさんです

どうしても行ってみたい所があったので思い切って行ってきました

名古屋空港からFDAの国内線に乗り込み

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616201145j:plain

 

やってきました島根県

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616201528j:plain

(出雲縁結び空港)

 

島根県は子供向けよりも大人向けの観光スポットが多数あるのです

そんな島根県ですが始めに子供向けのお出掛けスポットをお伝えします

 

メニュー

 

 

自分も田舎から来ましたが空港を出て最初に思ったこと

 

 

「田んぼしかないぞ!」

見渡す限り田園風景 

静岡空港は見渡す限り茶畑しかない)

 

そして市街地を走っていると、こんな看板を良く見ました

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616203434j:plain

「ごうぎん」

 

「強引」が訛っているのか?

 

いや、違いました

 

山陰合同銀行」の略でした

わざわざ言いにくい「ごう」より「さんぎん」で良いのでは?

(さんぎんは三重県にあるそうです)

 

 

さらに変わった景色を目にする

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616204142j:plain

集落の屋根の瓦が赤茶色なのです

 

関東東海地方では見慣れない風景だったので調べてみた

 

石州瓦

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616204813j:plain

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616204750j:plain

この瓦は島根県石見地方で生産されている粘土瓦

石見地方では良質な赤い原土が採れるそうです

石州瓦は凍害に強く日本海側や北海道などの豪雪地帯では良く使われている

さらに良質な土の為、お米も美味いと地元の方がおっしゃっていました

 

よく見て行くと何軒か、鯱が乗っている家もある

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616210151j:plain

守り神だろうか

 

川の土も赤褐色だった

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616210314j:plain

 

 

宍道湖ゴビウス

f:id:hoso-11-bishamonten:20190616210643j:plain

島根県出雲市園町1659−5
入館料
大人    500円
小中学生  200円
 
出雲縁結び空港のすぐ近くにある宍道湖
その宍道湖には小さな水族館「宍道湖自然館ゴビウス」あります
当初の予定では大型の水族館「しまね海洋館アクアス」に行く予定でしたが悪天候の為、急遽こちらに変更しました

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618150457j:plain

イルカやアザラシなどの海獣はいません
宍道湖周辺に生息する魚類などの展示になります
 
汽水の生き物

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618151848j:plain

宍道湖」はわたしの地元「浜名湖」と同じで淡水ではありません
海水が1/10混ざっている汽水です
 
ウナギやカニ

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618152218j:plain

この辺りの名物、ヤマトシジミなどの展示

 

ハゼがマスコットキャラクター

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618152248j:plain

ゴビィ君

宍道湖」の東側に川で繋がった「中海」があります

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618152654j:plain

それぞれ水槽も分かれていました
「中海」は鳥取県とのの県境になります
 
淡水の生き物

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618153008j:plain

汽水の次は島根県の川に生息する生き物

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618160104j:plain

子供が見やすいよう、全体的に低めの水槽が多いですね

ニジマスやヤマメでしょうか

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618160448j:plain

 

さらに、こんな物まで

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618160641j:plain

オオサンショウウオ

 

デカイ

1メートル以上ありそうだ

こんなの川で見つけたら腰を抜かす

 

 

ふれあいコーナー

水族館によくある、タッチプールです

過去にも色々な水族館でタカアシガニやサメ、ヒトデにナマコなど触ってきました

浜名湖」にある小さな水族館、「ウォット」ではヒトデを触りました

ヒトデは案外、硬いですよね

 

さて、ここ「ゴビウス」では何と触れあえるのか!?

 

こちら

 

 

ジャン!

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618160920j:plain

アメリカザリガニ1択

 

外来種

 

 触れ合いは出来ませんがカエルも何種類かいます

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618181321j:plain

こちらはヒキガエル

子供の頃、ヒキガエルを捕まえたら背中から白い毒が出たのを今でも覚えています
 

 

さらに宍道湖は汽水ですが鯉が多く生息しているそうです

通常のサイズよりひと回り大きい

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618181858j:plain

海獣はいませんが小学校低学年くらいまでなら充分、楽しめるのではないでしょうか

 

 

奥出雲多根自然博物館

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618182637j:plain

島根県仁多郡奥出雲町佐白236−1

入館料

大人      500円

大学生・高校生 300円

小学生・中学生 200円

出雲縁結び空港から車で約40分、奥出雲の山の中にそれはあります

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618191518j:plain

30分程度で全て見終わってしまう、とてもコンパクトな博物館です

しかし、この博物館が他とは違う特徴があるのです

 

泊まれる博物館

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618192110j:plain

全国で唯一の泊まれる博物館なのです
宿泊者は入館無料、さらに夜はナイトミュージアム

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618192721j:plain

平日だったからか、昼間も夜もあまりお客さんはいませんでした

 

部屋にはトイレと風呂なし、洗面所も共用なので小さい子共連れには不便です

風呂もホテルの共用風呂か道路の向かい側にある温泉施設の無料券をもらえます

2部屋のみ、恐竜グッズの置いてある部屋があります

 

 

朝食

朝食は和食と洋食を選べました

f:id:hoso-11-bishamonten:20190618193033j:plain

自慢の「釜炊きご飯」との事でしたので和食にしました

たしかにお米は美味しかったです

汁物は島根の名物「シジミ」の味噌汁

特に珍しい食べ物はなかったです

 

 

最後に

出雲市の横、松江市には「フォーゲルパーク松江」があります

こちらは掛川花鳥園と同系列です

masuhoi.hatenablog.com

掛川花鳥園と同じ様な感じなので今回はパスしました

 

島根県には玉造温泉と言う有名な温泉があるのでそちらへ宿泊した方が観光には適していると思います

私の様な変わり者は風変わりな博物館ホテルに泊まってみてはいかがでしょうか

tanemuseum.jp

今回は島根県の子供向けのお出掛けスポットでした

出雲縁結び空港から、島根の観光スポットは車で1時間圏内にそろっていますので

レンタカーが便利です

空港の近くに駅はありませんのでバスで移動になります

 

にほんブログ村 旅行ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ